引越しで荷物を運ぶときの注意点

引越しで自力で荷物を運ぶ場合


どんな毛布でもよいので、車と、玄関にひきましょう。
何もひかないで荷物を置くと、傷付ける可能性があります。
重量物は特に注意しましょう。たいていのアパート、マンションで狭いのは玄関回りですので、ベランダがあれば、広い方を使いましょう。
玄関回りが狭い場合、面倒でもプラダンで養生して運ぶと安全です。
ホームセンターなどで、一枚500円くらいで、売ってます。
壁に貼るときは必ず養生テープで、壁紙以外の部分に止めていきます。
養生テープで止められない場所は止めず、プラダンを次々とつなげて、止められるところまで引き込みます。
軍手は、引越し用のゴム付きが滑らなくて安心です。家具を運ぶときは必ず二人で運ぶと安全です。
力より二人の呼吸の方が大事で、相手と同じ持ち方が基本です。経験のある人とやりましょう。

家庭用の冷蔵庫などは、壁、床を傷つける恐れがあるので、無理だと思ったらプロに任せましょう。